死亡保険金という補償内容

搭乗者傷害保険は、運転手のほか、契約中の車の搭乗者が事故によりけが・後遺障害・死亡といった人的損害をこうむった場合に、その損害を補償するために設けられている自動車保険の一種です。この保険は、人身傷害補償保険などと同様に、使ったとしても原則的には翌年の等級には影響せず、事故がなかったときと同様の扱いを受ける保険となっています。

 
この保険契約で支払われる保険金にはいくつかの種類かありますが、その中のひとつが死亡保険金とよばれるものです。この保険金はその名のとおり、契約中の車の搭乗者が不幸にして事故で死亡してしまった場合について支払われるものです。

 
搭乗者傷害保険では、支払われる保険金の最高額として契約の際に保険金額というものが定められますが、通常、死亡のケースではその保険金額の全額にあたる額が法定相続人に支払われることになります。ただし、事故発生の日を含めて、その日から180日以内に死亡した場合のみが対象となります。また、医師によって身体障害の状態にあると診断され、すでに後遺障害保険金などを受け取っていた人が死亡したような場合には、保険金の二重払いを避けるため、死亡に際してはすでに支払われた額を差し引いた部分が支払われます。

寿司

Comments are closed.