搭乗者傷害保険に加入するメリット

自動車保険の中に、搭乗者傷害保険というものがあります。これは人身傷害保険と少し似ていますが、色々と違うところもあります。まず、人身傷害保険の場合は治療費や精神的損害、休業損害などの内容に応じて、実際の損害額が保険金として支払われます。しかし、搭乗者傷害保険の場合は、あらかじめ支払われる保険金は契約時に決められているため、決まった金額のみが支払われます。死亡したり、後遺症が残った場合は、この程度の金額、ケガをした場合はこのような症状の場合はこの程度の金額と、自動車保険の契約をする時点で、取り決めがされてあります。では、この搭乗者傷害保険に加入するメリットとは、どのようなものでしょうか。

}PgžxQ
人身傷害保険の場合は損害額を支払うので、治療がすべて終了してからでないと、保険金を受け取ることが出来ません。しかし、搭乗者傷害保険の場合は、規定の日数が経過した後であれば、症状別に決まった金額の保険金が支払われるので、治療中の場合でも保険金を受け取ることが出来るのです。事故の治療費は突然必要となってしまうため、お金を用意することも大変です。そのような場合、この搭乗者傷害保険に入っていれば、保険会社から保険金が支払われるので、とても楽になるのです。

 

Comments are closed.