過失割合が100%でも保険金がおりるという特徴

}PgžxQ自動車保険のなかでも搭乗者傷害保険と呼ばれるものは、運転者を含む契約中の自動車に搭乗している人が事故により負傷または死亡した場合の補償を簡易迅速に行うための保険です。

 
そのため、搭乗者傷害保険では、治療や入院・通院のための費用にあてるための医療保険金を、けがの部位や症状にあわせて一律の基準による固定額として支払うことになっています。死亡や後遺障害の場合についても同様に一律の基準があります。

 
通常の保険契約では、加害者との示談成立や治療の完了による損害賠償額の確定をもって支払いが行われることから、支払いまでに相当の長期を要する場合がありますが、この保険であれば、治療中であってもスピーディーに必要額を受け取ることができます。

 
また、一般に自動車保険においては、交通事故は当事者双方の過失によって起こるという考えから、まずそれぞれの過失の割合を見積もった上で、その過失分を減額して支払いが行われます。これを「過失相殺」と呼んでいますが、簡易迅速を趣旨とする搭乗者傷害保険では、過失割合に関係なく支払いが行われるのもメリットのひとつとなっています。極端な例ですが、過失割合が100%でも固定額が支払われるというのがこの保険の大きな特徴です。

Comments are closed.