医療保険金という補償内容

青トウガラシ

 

搭乗者傷害保険は、運転手をはじめ契約中の車両に同乗していた人が交通事故によりけがや死亡などの損害を受けた際に補償することを目的とした保険です。通常、このような事故があった際には、等級がダウンしてしまい、翌年度からの保険料が割増しとなってしまいますが、この搭乗者傷害保険は、原則として翌年の等級に影響しない保険となっています。

 
搭乗者傷害保険で支払われる保険金のひとつに、医療保険金とよばれるものがあります。これは、事故によって身体にけがを負ってしまった場合に、その損害を補償するためのものです。

 
支払われる保険金は、契約のタイプによって違いはあるものの、大部分のケースでは、けがをした身体の部位と症状に応じて、あらかじめ約款で定める固定額が支払われるという方式を採用しています。例えば、「神経の損傷」「欠損または切断」などの症状に対して、「顔面」「歯牙」「手指」「上肢」「下肢」のような該当する部位をマトリックスにした支払額基準が定められており、その基準にあてはまる額の保険金が支払われます。

 
このような定額方式のメリットとしては、基準が明確なために支払いが迅速で、加療中に必要なお金が得られるということが挙げられます。

Comments are closed.