自賠責保険が支払い済でも補償されるという特徴

契約している自動車が事故を起こして搭乗者が死亡、負傷あるいは後遺障害になった場合に、過失の有無に関係なく、保険金が支払われる保険を搭乗者傷害保険といいます。対人賠償保険とは異なり、搭乗者が家族や知人などである場合はもちろん、運転者本人の被害にも保険金が支払われるのが特徴です。

 
またこの搭乗者傷害保険は加害者側からの損害賠償金に関係なく支払われるものですので、加害者側が自賠責保険を利用して保険金を支払った場合でも、この搭乗者傷害保険の補償を受けることができます。さらにこの保険金を請求した場合でも保険の等級が下がることはありませんので、保険料の増額を心配することなく請求することができます。

}PgžxQ
このように搭乗者傷害保険は、対人賠償保険よりもかなり広い範囲をカバーしてもらえる保険といえますが、全ての事故において保険金が支払われるわけではありません。運転者の故意による事故や飲酒、薬物中毒による事故、無免許状態での事故などについては保険金は支払われません。

 
ただ搭乗者傷害保険を付帯すると当然保険料の負担は増えることになります。しかし等級に影響が無く、相手方の自賠責保険などによる賠償を受けていても保険金を請求できることや、ケガをした場合には損害額が確定する前でも部位と症状が判明した時点で治療費が支払われるなどの特徴を考えると、搭乗者傷害保険はコスト以上のメリットを期待できる保険ということができます。

Comments are closed.