Archive for the ‘未分類’ Category

医療保険金という補償内容

青トウガラシ

 

搭乗者傷害保険は、運転手をはじめ契約中の車両に同乗していた人が交通事故によりけがや死亡などの損害を受けた際に補償することを目的とした保険です。通常、このような事故があった際には、等級がダウンしてしまい、翌年度からの保険料が割増しとなってしまいますが、この搭乗者傷害保険は、原則として翌年の等級に影響しない保険となっています。

 
搭乗者傷害保険で支払われる保険金のひとつに、医療保険金とよばれるものがあります。これは、事故によって身体にけがを負ってしまった場合に、その損害を補償するためのものです。

 
支払われる保険金は、契約のタイプによって違いはあるものの、大部分のケースでは、けがをした身体の部位と症状に応じて、あらかじめ約款で定める固定額が支払われるという方式を採用しています。例えば、「神経の損傷」「欠損または切断」などの症状に対して、「顔面」「歯牙」「手指」「上肢」「下肢」のような該当する部位をマトリックスにした支払額基準が定められており、その基準にあてはまる額の保険金が支払われます。

 
このような定額方式のメリットとしては、基準が明確なために支払いが迅速で、加療中に必要なお金が得られるということが挙げられます。

後遺障害保険金という補償内容

松茸運転手を含め、契約中の車に乗っている人が交通事故でけがや死亡などの人身上の損害をこうむった場合に、その補償を受けるために加入する保険が搭乗者傷害保険とよばれるものです。この保険は、別に車両保険などの他の保険を使わなければ、翌年の等級には影響が出ないタイプの保険となっています。
この保険によって支払われる保険金の種類のひとつに、後遺障害保険金があります。これは、事故によって神経の損傷による身体のまひや、手足などの身体部位の切断、失明などといった後遺障害が生じてしまった場合に、その補償にあてることを目的としたものです。原則として、事故発生の日から180日以内に生じた後遺障害が対象となります。
この保険により支払われる金額は、障害の程度をあらわす級ごとにあらかじめ約款で定められた一定の割合を、設定した保険金額に乗じて得られる額となります。たとえば、もっとも重い第1級と認定されれば、級ごとの割合は100パーセントですので、設定した保険金額の100パーセント相当が支払われることになります。なお、保険契約の内容によっては、第1級、第2級などに認定される重度の障害で、寝たきりなど常時介護が必要な状態になった場合には、重度後遺障害の特例として保険金の割増しが認められるものもあります。

死亡保険金という補償内容

搭乗者傷害保険は、運転手のほか、契約中の車の搭乗者が事故によりけが・後遺障害・死亡といった人的損害をこうむった場合に、その損害を補償するために設けられている自動車保険の一種です。この保険は、人身傷害補償保険などと同様に、使ったとしても原則的には翌年の等級には影響せず、事故がなかったときと同様の扱いを受ける保険となっています。

 
この保険契約で支払われる保険金にはいくつかの種類かありますが、その中のひとつが死亡保険金とよばれるものです。この保険金はその名のとおり、契約中の車の搭乗者が不幸にして事故で死亡してしまった場合について支払われるものです。

 
搭乗者傷害保険では、支払われる保険金の最高額として契約の際に保険金額というものが定められますが、通常、死亡のケースではその保険金額の全額にあたる額が法定相続人に支払われることになります。ただし、事故発生の日を含めて、その日から180日以内に死亡した場合のみが対象となります。また、医師によって身体障害の状態にあると診断され、すでに後遺障害保険金などを受け取っていた人が死亡したような場合には、保険金の二重払いを避けるため、死亡に際してはすでに支払われた額を差し引いた部分が支払われます。

寿司

補償内容の内容について

自動車保険の中にある搭乗者傷害保険は、利用しても等級には影響のない保険です。また、人身傷害保険などとは別に支払われます。では、この搭乗者傷害保険の補償内容は、どのようなものなのでしょうか。

 
搭乗者傷害保険とは、その車に乗っていた搭乗者が補償されるものです。まず、ケガの場合ですが、ケガの部位や症状によってあらかじめ細かく分けられた金額が定められてあり、それに基づいて保険金が支払われます。また、死亡した場合は、1名につき保険金額の全額が支払われます。事故から10日以内の死亡とされていますので、注意が必要です。また、事故発生の日から180日位内に出た後遺障害については、後遺障害等級を基本として1名につき保険金額の何割かが支払われます。重度の後遺障害が生じた時や、介護が必要になった時なども支払われますが、この場合は医師の診断にもとづいての認定が必要となります。

紫たまねぎ
但し、補償されないケースもあるので、注意するようにしましょう。被保険者が故意であったり重大な過失で起こした傷害、無免許運転、酒気帯び運転、麻薬などによって正常な運転ができない状態で運転している場合の傷害、地震、噴火、津波によって起きた傷害についてです。

等級に影響しない補償内容

事故を起こせば、等級が3つ下がります。これは事故常習者であっても、偶発的に事故を起こしてしまった人も、同じです。そうした制度上の問題点もありますが、概ね全ての人が3つ下がります。そうした影響を受けない自動車保険もあります。それはロードサービスというサービスです。

 

ロードサービスとは何かというと、タイヤがパンクして動けなくなったとか、バッテリー上がりをして動かなくなって牽引して欲しいといった場合や、ガソリン切れが起こって動かなくなったとか、そうした車のトラブルに対処するためのサービスがロードサービスとなります。

}PgžxQ

そうしたロードサービスは影響することがないので、いつでも自由に使うことができます。ただし、多くの自動車会社は年に1回だけしか使うことができないという制約がかかっていることが多いです。中には制限なしというところもありますが、それはかなりレアケースであり、その自動車保険の特色として出しているものでしょう。ロードサービスは責任が伸し掛かるわけではありません。素直に好きな時に使えるのがロードサービスです。

 

そうしたロードサービスを上手く使いながらも、自動車保険を上手く乗りこなしていきましょう。

自賠責保険が支払い済でも補償されるという特徴

契約している自動車が事故を起こして搭乗者が死亡、負傷あるいは後遺障害になった場合に、過失の有無に関係なく、保険金が支払われる保険を搭乗者傷害保険といいます。対人賠償保険とは異なり、搭乗者が家族や知人などである場合はもちろん、運転者本人の被害にも保険金が支払われるのが特徴です。

 
またこの搭乗者傷害保険は加害者側からの損害賠償金に関係なく支払われるものですので、加害者側が自賠責保険を利用して保険金を支払った場合でも、この搭乗者傷害保険の補償を受けることができます。さらにこの保険金を請求した場合でも保険の等級が下がることはありませんので、保険料の増額を心配することなく請求することができます。

}PgžxQ
このように搭乗者傷害保険は、対人賠償保険よりもかなり広い範囲をカバーしてもらえる保険といえますが、全ての事故において保険金が支払われるわけではありません。運転者の故意による事故や飲酒、薬物中毒による事故、無免許状態での事故などについては保険金は支払われません。

 
ただ搭乗者傷害保険を付帯すると当然保険料の負担は増えることになります。しかし等級に影響が無く、相手方の自賠責保険などによる賠償を受けていても保険金を請求できることや、ケガをした場合には損害額が確定する前でも部位と症状が判明した時点で治療費が支払われるなどの特徴を考えると、搭乗者傷害保険はコスト以上のメリットを期待できる保険ということができます。

過失割合が100%でも保険金がおりるという特徴

}PgžxQ自動車保険のなかでも搭乗者傷害保険と呼ばれるものは、運転者を含む契約中の自動車に搭乗している人が事故により負傷または死亡した場合の補償を簡易迅速に行うための保険です。

 
そのため、搭乗者傷害保険では、治療や入院・通院のための費用にあてるための医療保険金を、けがの部位や症状にあわせて一律の基準による固定額として支払うことになっています。死亡や後遺障害の場合についても同様に一律の基準があります。

 
通常の保険契約では、加害者との示談成立や治療の完了による損害賠償額の確定をもって支払いが行われることから、支払いまでに相当の長期を要する場合がありますが、この保険であれば、治療中であってもスピーディーに必要額を受け取ることができます。

 
また、一般に自動車保険においては、交通事故は当事者双方の過失によって起こるという考えから、まずそれぞれの過失の割合を見積もった上で、その過失分を減額して支払いが行われます。これを「過失相殺」と呼んでいますが、簡易迅速を趣旨とする搭乗者傷害保険では、過失割合に関係なく支払いが行われるのもメリットのひとつとなっています。極端な例ですが、過失割合が100%でも固定額が支払われるというのがこの保険の大きな特徴です。

死亡やケガを定額補償する特徴

自動車保険の中の「搭乗者傷害保険」は、保険を契約している本人や配偶者、家族をはじめとして、契約中の自動車に搭乗していた人が事故によりケガをした場合などに、その人身に対する損害を補償するための保険です。

 
「搭乗者傷害保険」のいちばんの特徴は、保険金としてあらかじめ決められた一定の金額が支払われる「定額補償」というタイプであるということです。
この方式では、「頭部」「胸部」「手指」などのケガの部位や、「骨折」「切断」「神経の損傷」などの症状を区別するための一覧表があらかじめ約款に規定されており、事故が発生した際には、一覧表と照らし合わせて一定金額の保険金が支払われます。

 
病院での治療の完了や相手との示談交渉の成立などを待つことなく、速やかに保険金が支払われますので、治療期間中も保険金が下りるまでの自己負担の心配をせずに済みます。

 
また、事故を原因として180日以内に死亡した場合についても、あらかじめ決められた一定額が相続人に対して給付されます。
ただし、定額補償では治療や通院などに要した実費を下回ってしまう可能性もあることから、自動車保険の中でも「人身傷害補償保険」という別の契約をセットして、こうした不足分をカバーすることも多く行われています。
}PgžxQ

搭乗者傷害保険に加入するメリット

自動車保険の中に、搭乗者傷害保険というものがあります。これは人身傷害保険と少し似ていますが、色々と違うところもあります。まず、人身傷害保険の場合は治療費や精神的損害、休業損害などの内容に応じて、実際の損害額が保険金として支払われます。しかし、搭乗者傷害保険の場合は、あらかじめ支払われる保険金は契約時に決められているため、決まった金額のみが支払われます。死亡したり、後遺症が残った場合は、この程度の金額、ケガをした場合はこのような症状の場合はこの程度の金額と、自動車保険の契約をする時点で、取り決めがされてあります。では、この搭乗者傷害保険に加入するメリットとは、どのようなものでしょうか。

}PgžxQ
人身傷害保険の場合は損害額を支払うので、治療がすべて終了してからでないと、保険金を受け取ることが出来ません。しかし、搭乗者傷害保険の場合は、規定の日数が経過した後であれば、症状別に決まった金額の保険金が支払われるので、治療中の場合でも保険金を受け取ることが出来るのです。事故の治療費は突然必要となってしまうため、お金を用意することも大変です。そのような場合、この搭乗者傷害保険に入っていれば、保険会社から保険金が支払われるので、とても楽になるのです。